なぜ、その辺りに転がってそうな石に値段が付くの?

さまざまなデジタルコンテンツがNFT化される世の中になりましたね。
その中には、到底信じられないような値段が付いているNFTがあります。
例えば、石の画像のNFT
その名を「EtherRock」いいと100個しかない石のNFTが存在します。
シリアルナンバー付きで少しコレクターの収集癖を煽りそうではあるのですが……。
変哲もない石の画像のはずなのに、一体なぜ値段が付くのでしょうか。

あなたは価値があると思いますか?
石のNFTに一石投じたいところです。

石のNFTに対する世の中の反応

石のNFTに世の中の人はどう思っているのでしょうか。
なんでこんな石に価値があるの?と疑問視しているのか、はたまた欲しくてたまらないとしているのか世の中の声も気になります。

とら
三者三葉だね。
なんで、こんな石に?!という声がどちらかというと多かったよ。

EtherRockってどんな人が買うの?

仮想通貨を多く持っている人でないと買えないという印象があります。
最も高価なのは、ID 0の10000ETHで日本円にすると約50億円になります。

EtherRock_id0

引用元:EtherRock


2021年12月現在、売り出し中のものが23個でほとんどが売却済みです。

そもそもNFTに価値を感じるのって……

今まで、デジタルなものはコピーできるとしていたところが、メリットでありデメリットでした。
しかし、ブロックチェーン技術によってNFTが誕生し、コピー不可になり価値があるものだと証明できるようになりました。
あらゆるデジタルコンテンツをNFT化したところで、そのNFTに価値があるかはどう判断されるのでしょうか。

「資産です」と持っている本人が言えば、資産として認められるかもしれませんが、読者の皆さんの中には、甚だ疑問が残る。という人もいるでしょう。
つまり、価値は第三者がいてこそ”資産”として認められるのではないでしょうか。

大きく捉えて、NFTは資産と考える派 VS NFTは資産にならないと考える派については、資産と考えるべきと言えそうです。
なぜなら、NFTの意味「非代替性」から考えると、石のNFTとて唯一無二だと考える人には価値があるからです。

このNFTの価値の前提で、石のNFTは資産になるのか?

では、この石のイラストに価値を感じている人はいるのでしょうか。
どのくらいの需要があるのかが問題ですね。
需要があるなら、価値があると認められます。
EtherRockは100枚しかありませんが、そのうちほとんどの絵が売却済みです。
よって、需要はないわけではないと言えるでしょう。
もし、需要がないなら、すぐに売りに出されて100枚のほどんどが売り出し中になるはず。
現段階では、変哲もない石のNFTは価値があることになります。

見えない!透明な石などEtherRockの派生版もある?!

EtherRockの価格は高額で、とてもじゃないけど手を出せないという人に向けて、
違う石の”派生版”もあります。
石のNFTを持ちたい人には、こちらから所有してみるのもいいかも。
EtherRockと比べて、色鮮やかなものもあります。

  • エメラルド
派生版_エメラルド

引用元:Opensea

 

  • ethergoldrock
ethergoldrock

引用元:Opensea

 

  • 透明な石
透明な石

引用元:Opensea

 

派生版は、NFTのマーケットプレイス
「Opensea」で購入できます。
安いものだと、約25,000円です。

とら
派生版はあまり売れてないような気がするよ・・・

石のNFTに価値を見出している人は、NFTに陶酔しているのか?それとも・・・

石のNFTに対する世の中の反応は、どちらかというとネガティブ。
「なぜ、こんなに高価なの?狂っている」と評価する人もいるほどです。
しかし、唯一無二のNFTに対する価値に匹敵するかも。
EtherRockはNFTが盛り上がり始めた初期の2017年から始まったプロジェクトです。
初期ということに対して、価値があると判断している人が買っているのかもしれません。
また、100枚という希少性も価格高騰の要因だと言えそうです。
しかし、その仕組みを理解せずに「変哲もない石でも売れるんだ」「透明でもいいよね?」と派生版が出てきてしまったことは価値の理解の誤解が引き起こした紛い物でしかありません。
しかし、いまだに派生版が出ているのは”石”というニッチなコレクターの需要があるからでしょう。