LINE証券はLINEポイントを使って投資しないと!もったいないよ!

LINEをメッセージ交換だけに使うなんて、もったいないですよ?

LINE証券でLINEポイントを使って投資をしないと。
取引はLINEで完結、シンプルな操作から投資初心者から支持されています。

本当に便利なのでしょうか?

今回は、LINEポイント投資のデメリットや評判をお届けします。

とら
いくら投資初心者に人気だと言われていても
投資だからやはり怖いのでは?!
デメリットを知っておくと安心して利用できるね

LINE証券でLINEポイント投資するデメリットは?

LINEポイントの一部の指定ができない

つみたて投資でLINEポイントを利用するとき、LINEポイントの一部を指定することができません。

とら
もし、1,000ポイント貯まってたら全ポイントを利用ということだね。

 

iDeCo(イデコ)には対応、NISAには非対応

NISA非対応であるもののiDeCoには対応しています。

iDeCoとは?
老後の生活に備えて節税しながら資産運用する国の制度。

節税という意味ではiDeCoもNISAも同じですが、iDeCoは職業によって運用できる金額が決まっています。そして、非課税期間も異なります。
NISAは非課税期間が5年、iDeCoは60歳まで非課税で運用可能

とら
老後の資産形成としてぴったりな商品といえるね。

 

LINE証券でLINEポイント投資をしている人の口コミ

 

とら
クレカでLINE ポイントを貯めている人もいるんだね。
ところで、なんのクレカだろう?

 

三井住友カード株式会社が発行するクレジットカード「LINEクレカ」を使用するとLINEポイントが貯まります。

LINEクレカでは、なんとお買い物の2%がポイント還元。
年間1回以上の利用があるだけで年会費が0円とお得なクレジットカードです。

 

とら
貯まったポイントだけで約140万ほどになるのは夢があるね~

 

とら
LINEポイントをPayPayボーナスに変えている人もいるんだね。

 

しかし、PayPayボーナスからLINEポイントへの変換はできないので注意しましょう。
つまり、LINEポイントでもう運用しないなと思ったときが替え時ですね。

 

とら
LINEポイントとPayPayボーナスではどんなことができるんだろう・・・

 

LINEポイントとPayPayボーナスでできることを比較してみました。

LINEポイント PayPayボーナス
  • スタンプや着せ替えの購入
  • LINE Payで使う
  • LINEのサービスで使う
  • LINEのゲームで使う
  • 支払いに使える
  • ボーナス運用に使える
  • ポイントを貯める

LINEのサービスとは下記のようなサービスがあります。

 

とら
LINEポイントでできることが幅が広いね!

 

http://twitter.com/TxhMz__/status/1354089206516051968?s=20

 

とら
え?プレゼントがあるの?
3株ももらえる?

 

実は、LINE証券ではキャンペーンが多く実施されています。
口座開設するだけで「3株貰える」といったキャンペーンや株のタイムセールなども。

 

とら
楽しみながら投資活動ができそうだね!

 

LINE証券の特徴はシンプルで初心者におすすめ

 

LINE証券では、厳選した日本の有名企業300銘柄とETF15銘柄を、数百円から購入可能です。LINE証券では1株から購入できます。

とら
手持ちの資金が少なくても気軽に投資が始められるね!
特に、投資初心者おすすめだ。

 

さらに、LINEアプリで取引可能だから面倒な登録がなく手間がありません。
また、LINE証券では日中に取引ができない会社勤めの人も利用できます。
平日21時まで即時注文・即時約定可能(一時中休みあり)。

3ステップで簡単!LINEポイント投資のやり方

LINEポイント投資のやり方

①LINEアプリから口座開設(最短3分で完了)

②LINE証券へ入金

③決済してLINEポイント投資は完了!

とら
手順を分かりやすく見てみよう。

 

①LINEアプリから口座開設(最短3分で完了)
最短で翌営業日から取引可能です。

とら
口座開設はこちらからできるトラ~
口座開設の3ステップ
①お客様情報入力
②携帯電話の認証
③本人確認情報入力※本人確認書類が必要ですので、事前にご準備ください。
引用元:LINE証券 公式サイト

②LINE証券へ入金

LINEアプリからLINE証券を選択→「LINE Payからの入金」を選択、入金金額を入力。
※LINEポイントも使えます。

 

 

③決済してLINEポイント投資は完了!

 

とら
LINEアプリからそのまま取引ができるから簡単だね♪

 

LINEポイント投資のデメリットはそこまで大きなものではない

LINE証券では銀行口座のほか、LINEポイントやLINE Pay残高からの入金にも対応しており、LINEポイントやLINE Pay残高を利用した投資が可能だ。
そこまでLINEポイント投資の大きなデメリットはない。
LINE証券の細かな2つのデメリットをおさらいしてみましょう。

  • LINEポイントの一部の指定ができない
  • iDeCoには対応、NISAには非対応

とら
LINEポイント投資の口コミを見ても、好意的な意見が目立っていたよ。

 

投資を始めたいが自信がないという投資初心者はまずLINE証券の口座を開設し、LINEポイントで投資を始めてみるというのもおすすめですね。