ゼロからわかる楽天スーパーポイントとは?【楽天経済圏の魅力】

楽天スーパーポイントを中心にした楽天経済圏は、今、多くの人が「うまみ」を求めて、買物をし、暮らしの中心的な存在になっています。

楽天市場での買い物のポイント倍率を少しでも高めようと、”ポイ活”と称して、あれもこれもと楽天系のサービスを”使いまくっている”人たちがいます。
彼らはなぜ、そんなにも楽天に魅了されているのでしょうか? 

どんなお得さがあるというのでしょうか。2021年の最新情報を基に徹底解説します。

 

とら
楽天ポイントをもっと増やして美味しい思いをする方法はないかな?

 

と、あらゆる楽天のサービスを使いまくってる楽天経済圏のみなさんへ、
ポイントを上乗せするプログラムSPU(スーパーポイントアッププログラム)のこと正しく理解していますか?
SPUを上手く活用できれあさらに美味しい思いができるのです。

 

とら
SPUを制する者は、楽天経済圏を制する!

楽天経済圏を制するSPUとは?

SPUとは、楽天ポイントが上乗せされる制度のことです。

とら
SPUとは、スーパーポイントアッププログラムの略称だよ。

 

SPUはエントリー不要で誰でも参加でき、対象となる16サービスを利用すればするほどポイント倍率が高くなっていき、最高「15.5倍」にまでなります。

これが楽天経済圏のすべて。と言っても過言ではありません。

 

特にポイントの上乗せ倍率が高いサービスは、楽天カードマンのCMでお馴染みの楽天カードと楽天プレミアムカードになります。

 

とら
SPUで”稼ぐ”のに楽天カード必携だね!

 

【SPU最高倍率】楽天のクレジットのメリット

「え、まだ持ってなかった」と青ざめてしまったあなたへ
楽天カードの魅力をお伝えします。

<楽天カード>

メリット デメリット
  • SUPの倍率が2倍
  • 楽天ペイ、楽天ポイントカード、楽天Edyが使える
  • 年会費0円
  • ポイント還元率が1%
  • 紙でのカード利用明細書が有料
  • ETCカードの年会費が有料

<楽天プレミアムカード>

メリット デメリット
  • プライオリティ・パスやトラベルデスクが使える
  • お誕生月は+1倍
  • プレミアムカードで決済すると5倍
  • 年会費が11,000円(税込)かかる
  • お店での利用の場合還元率が期待できない

■プライオリティ・パスとは

世界1,300カ所以上のの空港ラウンジでドリンクサービスやインターネットを0円で利用できるサービス。

■トラベルデスクとは

緊急時の案内・現地情報の紹介・各種予約、手配ができます。(世界38拠点対応)
〇緊急時の案内→パスポートやカードの紛失、病気
〇現地情報の紹介→観光の案内
〇各種予約、手配→レストランの予約、オプショナルツアーの手配

 

とら
楽天プレミアムカードは
お買い物で1倍、楽天カードで2倍、プレミアムカードの利用で2倍。
合計でポイントが5倍になるよ。

楽天経済圏の評判「気づいたらポイントががっぽり」

とら
楽天経済圏の人からの評判は上々だよ。

 

とら
つまりは、楽天カードで支払いをして請求額が決定する前に「貯まったポイントを利用」しているんだね。

 

支払額に楽天ポイントを利用する方法
「ポイントで支払いサービス」を申し込む
毎月12~24日までにポイント支払いの手続き
※1ポイント=1円として利用できます。
引用元:楽天カード 公式サイト

 

貯まったポイントを支払額に充当できるのは便利でお得ですね。

 

楽天pashaとは?
毎日更新されるトクダネの商品を購入しレシートを撮影し送信。
すると、楽天ポイントがゲットできるサービス。
得られるポイントよりも商品が高い場合は損になってしまいます。 

楽天経済圏のメリットとデメリットを確認しよう

楽天経済圏を活用することにより、多くの恩恵を受けるチャンスが生まれます。
一方でデメリットも少なからずあります。
メリットとデメリットをそれぞれ確認し、あなたが利用するかどうかを判断しましょう。

楽天経済圏の2つのメリット

1.迷うことなく楽天系サービスだけを使用するだけでポイントゲット

ポイントを多く獲得して生活を豊かにしようとする、いわゆるポイ活をしている人は少しでも多くのポイントが獲得できるサービスを常に狙っています。
これ自体は決して悪いことではありませんが、ポイントを貯めるために会員登録をするなどの労力を考えるとポイントを貯めるのに手間がかかっているかもしれません。
何も考えずに、楽天系サービスを利用すれば楽天ポイントをゲットできるのでとても簡単です。
具体的には、普段の支払いは楽天ペイや楽天カードを使用し、お買い物は楽天市場、通信は楽天モバイルを使用。

とら
あらゆる生活で楽天系サービスは使えるんだね。
最近は、楽天ポイントと仮想通貨を交換できる「楽天ウォレット」も注目されているよ。

 

2.身近に利用できるサービスが多い

楽天系サービスは、身近で頻繁に利用できるサービスばかりです。
特に、2020年4月から携帯電話事業に参入し乗り換え先NO1として人気がある楽天モバイルもあります。
また、キャッシュレス決済系でも楽天系サービスは展開されています。
楽天Edyや楽天ペイを利用すると楽天ポイントを獲得できますよ。
よって、身近に利用できるサービスが圧倒的に多いため意識しなくても自然と楽天経済圏による恩恵を受けやすいのがメリットです。

楽天経済圏の3つのデメリット

1.ポイント目的で不必要な商品を購入しちゃうかも

楽天市場では、お買い物マラソンなどの人気イベントが随時開催されています。
お買い物マラソンでは、対象ショップで一定金額以上お買い物すると、ポイント還元率が上乗せという内容に。
もう少しお買い物すればポイントが上乗せすると考え、不必要なものまで購入してしまうかもしれません。

楽天経済編の人には、ポイントの上乗せは重要です。
しかし、そもそも不必要なお買い物をしてまでポイントの上乗せを狙うべきかどうかの再考が必要ですね。

2.期間限定ポイントを有効期限内に使わないと損

楽天スーパーポイントには、通常ポイントと期間限定ポイントがあります。

通常ポイント:お買い物などで得たポイント、有効期限は取得日から1年間

期間限定ポイント:有効期限が設定されているポイント

期間限定ポイントは、期限が過ぎた時点でポイントが失効します。
ですので、期間内で使い切ることが重要です。
基本的に、各種キャンペーンで付与されるポイントは期間限定ポイントが大半。
よって、いつポイントが失効するのかを常に管理しなければならずに手間がかかります。

 

とら
実は、期間限定ポイントは楽天モバイルの月額費用の支払いにも使用できるので、失効する前に利用料金に補填するなどで使い切るのもお得だよ。
ポイント加盟店で使うのもアリだね。

 

ポイント加盟店とは、楽天ポイントを利用できるお店のことですが、たとえばマクドナルドやガストなどあらゆるところで利用できます。

3.他のサービスを利用した方がお得になることも

楽天系サービスの中で、楽天トラベルは他の旅行予約サービスと比較するとリーズナブルなほうです。
楽天銀行もランク制度によって他銀行への振り込み手数料が優遇されるなど、お得感が強いですね。
しかし、楽天市場はポイントこそ魅力的ですが商品によっては送料がかかるなど割高な価格設定となっています。

楽天系サービスを利用するか、または他のサービスを利用するのかはポイント付与後のお得度を物差しにして楽天以外のサービスを利用するといいでしょう。

楽天経済圏を歩き倒してお得なポイ活を

楽天ポイントで美味しい思いをするためにSUPの利用はかかせません。
特に、ポイント倍率が高い楽天カードや楽天プレミアムカードは活用すべきといえます。

楽天経済圏のメリットとデメリットをおさらいしてみましょう。

メリット:迷うことなく楽天サービスだけを使用するだけでポイントゲット

デメリット:ポイント目的で不必要な商品を購入する可能性がある

あらゆるサービスでSUPを活用し、楽天経済圏を歩き倒しましょう。